【無料テーマ比較】LuxeritasからCocoonに変更して感じたこと

  • 無料テーマをどれにするか迷っている
  • テーマを変更するとデメリットがあるのか知りたい
 

WordPressの無料テーマってどれがおすすめ?

WordPressの最強無料テーマと名高いLuxeritas(ルクセリタス)とCocoon(コクーン)ですが、結局どちらが良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回は実際にLuxeritasからCocoonに変更して感じた事や、使い勝手の違いを解説していきます。

無料テーマ選定で迷っている方や、テーマの変更を検討している方は是非チェックしてみてください!

LuxeritasからCocoonにした理由

僕はブログを開始して4ヶ月ほどLuxeritasを使用した後にCocoonに切り替えました

LuxeritasからCocoonにした理由は、Cocoonの使い勝手がめっちゃ良いという噂を聞いたからです。

いま無料テーマでブログを立ち上げるのであれば取り合えずCocoonを使っておけ!という話すら聞くので、試してみたくなりました。

しかしLuxeritasからCocoonに変更するうえでこんなことが気になりました。

  • SEO的には大丈夫?
  • エラーが出てWordPressか壊れたりしない?
  • デザインのバリエーションはある?

このあたりも併せて解説していきます!

CocoonとLuxeritasの違い

CocoonとLuxeritasで様々な違いがありますが、直感的に感じやすい違いを特筆してまとめました。

投稿画面の使いやすさ

結論、Cocoonの方が使いやすいと感じました。それぞれ詳しく解説します。

Cocoonの場合

Cocoonの方が初期の状態で多数のパーツを使うことが出来ます。

特にカスタマイズしなくても、マーカーや囲みボックスなど豊富な種類の装飾が可能です。

例としてこんな感じです。

アイコン付きボックス
白抜きボックス
青線マーカー

また必要に応じてCSSを追記してスタイルを変更することもできます。HTML・CSSの知識がある方は編集画面からコードを変更するのもありです。

Luxeritasの場合

対してLuxeritasはブログのパーツのバリエーションは少ないですが、リンクの挿入やフォント変更など基本的な機能は揃っています。

テキストマーカーなどは必要に応じてCSSを操作する必要があるので、初期の状態だとやや物足りないかもしれません。

デザイン面

CocoonとLuxeritas両方ともデザインのテンプレートがあり、比較的手軽に変更できます。

変更の手軽さはCocoonですが、デザインのバリエーションはCocoonもLuxeritasの複数種類あるので、ある程度好きなデザインに変更できます。それぞれ詳しく解説します。

Cocoonの場合

Cocoonは「スキン」という機能を使ってデザインテンプレートを切り替えることが出来ます

管理画面のサイドバーの「Cocoon設定>スキン」から直接デザインを変更することが出来ます。

スキン選択一覧の画面から実際にスキンを適用したページも確認できるので、デザイン適用前からイメージをつかむことが出来ます。

Luxeritasの場合

Luxeritasは公式サイトからデザインファイルをダウンロードすることで、色々なデザインに変更することが出来ます。

ダウンロードしたファイルは、サイドバーの「Liuxeritas>デザイン選択」からインストールするだけなので、それほど難しくはありません。

Luxeritasはフッターに「WordPress Luxeritas Theme is provided by “Thought is free”.」と提供元が表示されてしまうというデメリットもありますが、正直それほど気になりません。

このテキストを消したい場合は有料の提供元表示消去プラグインを導入する必要があります。

SEO面

LuxeritasとはともにSEOに対する取り組みを公開しています。

Luxeritas公式

Cocoon公式

ざっくり比較すると爆速表示+SEO最適化済みのLuxeritas様々なSEOチェックツールで良判定が出るように作ったCocoonといったところでしょうか。

ただ上記Cocoonのサイトにはこんな記述があります。

僕は、昨今の検索エンジン対応について、「テーマのごときはSEOにほとんど影響しない」と思っています。

もちろん、テーマがSEOに影響していた時期も確かに数年前まではありました。僕も実際に観測をして影響を確認をしています。

Cocoon Cocoonで行っている内部SEO施策まとめ より引用)

そもそもテーマの変更でSEOへ多大な影響が及ぶことはないという考えです。どのテーマにするかよりも、どのような記事を書いているかの方がSEOに大きな影響を及ぼすと考えられます。

そのためCocoonとLuxeritas間で圧倒的なSEO影響の差は無いといえるでしょう

実際に僕もテーマ切り替え時に表示順位の下落など大きなSEO影響はありませんでした。

公式サポート

Cocoonの方が公式サイトの情報量が厚いです。

Cocoonの方がQ&Aが充実している上に、開発者のわいひらさんが要望に沿って追加開発などを検討してくれます。

Luxeritasも公式サイトがありますが、比較的簡素でネット上の情報量も少なめです。(ネコはかわいいです)

よって初心者の方におすすめなのは圧倒的にCocoonです。

LuxeritasからCocoonにして良かったこと

ブログパーツが簡単に作れる

先ほども説明しましたが、マーカーや囲みボックスなどのブログパーツを初めから使うことが出来ます。

これまでCSSで調整してきた身としては本当に操作が楽になりました。

テキスト入りのボックスからアイコン入りのボックスまで様々なので、用途に合わせて使い分けできます。

スマホレイアウトの確認が楽

Cocoonではプレビュー画面でスマホのレイアウトも確認することが出来ます。

元々ブラウザの開発者ツール(F12)から確認することもできますが、Cocoonのプレビューではより実機に近い感覚で確認できるのが魅力です。

ネット上に情報がたくさんある

Cocoon公式サイトで、丁寧に使い方を説明しているので初心者にとっても非常に使いやすいです。

困ったことがあっても検索すればある程度の情報は公式サイトに載っています。

内部リンクと外部リンクそれぞれの開き方を統一する方法
内部リンクと、外部リンクで、それぞれ、リンクの開き方、フォロー状態、付加するrel属性、リンクアイコンを設定する方法です。

こんな感じです。テーマ作者のわいひらさんがQ&A形式で回答もしているので、ユーザーの声でさらにテーマが改善されることも期待できます。

プラグインを最低限に抑えることが出来る

Cocoonは機能が多彩なので、それほど多くのプラグインを必要としません。

実際に僕もテーマ切り替え時に不要なプラグインをバシバシ削除して、基本的にCocoonの機能で完結するようにしました。

プラグインの管理が楽になる上、プラグインの使い過ぎで不都合が生じるリスクを下げることが出来るので非常にありがたいです。

LuxeritasからCocoonにして困ったこと

正直に言うと困ったことは無いです。

表示速度やSEO影響は詳細には分かりませんが、大きな順位変動は起きていません。使い勝手は向上したと言えます。

ただテーマ標準のブログカードを使用している場合は、ブログカードが表示されなくなる問題が発生するようです。

これはLuxeritasとCocoon間でブログカードの表記方法が異なることが原因です。

対応方法を詳しくまとめている記事を見つけたので紹介させていただきます。

WordPressテーマをLuxeritasからCocoonに変更しました。乗り換えた理由
Wordpress(ワードプレス)の無料テーマのLuxeritasとCocoon。どちらも高機能・SEO対策済みのテーマとして有名です。ワードプレスのテーマを当サイト「トモヒログ」で入れ替えを行ったので、なぜ乗り換えたのか、乗り換えるときに

当ブログは他の方法でブログカードを作成していたため影響はありませんでしたが、切り替える際には確認してみて下さい。

次ブログを作るならCocoonとLuxeritasどっちにする?

次ブログを作るならCocoonを使用すると思います。

僕はテーマをCocoonに切り替えて1年ほど使っていますが、有料テーマにも負けないくらいの使い心地だと思っています。(有料テーマ使ったことないですが…)

とはいえLuxeritasも無料で高機能のテーマなので、今後のアップデートにも期待です。両テーマの動向を随時チェックしようと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました