一人暮らしの電気代節約におすすめの電力会社2つ【実際の料金データあり】

  • 電気代を安くしたいけどどうすればいいの?
  • おすすめの電力会社はどこ?

みなさんは、月の電気代について深く考えたことはありますでしょうか?

この記事を読んでいるかたであれば「電気会社を変えれば電気代が安くできる」ということは、耳にしたことがあるのではないかと思います。

とはいえどこの電力会社にするのがおすすめなのでしょうか?

今回は一人暮らしの僕がこれまで使った電力会社と、実際の料金データを公開します。

電力会社で悩んでいる方は是非参考にしてみてください!

結論:一番おすすめの電力会社は「シンエナジー」

個人的に一番おすすめの電力会社は「シンエナジー」です。

シンエナジーは「電気をたくさん使う時間帯が、昼もしくは夜のどちらかに偏っている人」におすすめです。

シンエナジーには「【昼】生活フィットプラン」「【夜】生活フィットプラン」があり、個人の生活スタイルに合わせた料金プランが用意されています。

例えば在宅ワークで日中はパソコンやエアコンを使う方は「【昼】生活フィットプラン」、昼は学校や仕事があるので夜に電気を使う方は「【夜】生活フィットプラン」のような選び方ができます。

詳しい解説や実際の料金データは、こちらからご覧ください!

シンエナジーの解説はこちらから

一人暮らしの僕が実際に試した電力会社2つ【料金データあり】

ミツウロコ

ミツウロコ

出典:https://mitsuurokogreenenergy.jp/

1つめはミツウロコです。ミツウロコは2020年6月~2021年1月まで契約していました。

ミツウロコの特長

僕はミツウロコの「従量電灯プラン」を契約していました。ただ結果として、あまり電気代の節約にはなりませんでした。

ミツウロコは電気を多く使う人は電気代が安くなる傾向があります。ただ逆に一人暮らしの電気使用料であれば、電気代が高くなるという声もあります。

そのためミツウロコは「複数人で暮らしていて電気をたくさん使う人」「毎月1万円以上電気代がかかる人」におすすめといえます。

とはいえ一人暮らしや電気使用量が少ない人向けの「シングル応援プラン」もあるため、気になる方はこちらもチェックしてみて下さい。

ミツウロコに切り替えてからの料金推移

ではここからはミツウロコの従量電灯プランにしてからの電気代の推移です。

料金
2020年7月 7,284円
2020年8月 9,506円
2020年9月 9,650円
2020年10月 6,894円
2020年11月 9,028円
2020年12月 7,846円
2021年1月 10,553円

この期間の平均は8,680円となりました。

ちなみに僕は日中からエアコンもパソコンを使ったり、IHコンロや室内乾燥機も使うため、一人暮らしにしてはややお高めの電気代です。

【ミツウロコ】お申込みはこちら

 

シンエナジー

シンエナジー出典:https://www.symenergy.co.jp/

2つめはシンエナジーです。シンエナジーは2021年7月現在、僕が契約している電力会社です。

シンエナジーの特長

シンエナジーの魅力は何といっても、個人の生活スタイルに合わせたプランに出来るところ。

シンプルで分かりやすい3つのプランで構成されています。

  • あまり電気を使わない方は「きほんプラン」
  • 日中の電気消費が多い方は「【昼】生活フィットプラン」
  • 夜の電気消費が多い方は「【夜】生活フィットプラン」

僕の場合はリモートワークで日中家にいる時間が多いので、【昼】生活フィットプランです。

リモートワークで家にいる時間が増えた方には是非おすすめです。特にエアコンをガンガンつかうシーズンには電気代の節約が欠かせませんね。

デメリットは20Aのプランがないことです。なので30Aから20Aへの切り替えを検討している方にはおすすめできませんが、30Aのまま電気料金を抑えたい方には非常におすすめです。

シンエナジーに切り替えてからの料金推移

では実際に僕がシンエナジーの【昼】生活フィットプランに切り替えてからの料金推移を見ていきましょう。

料金
2021年2月 11,800円
2021年3月 8,628円
2021年4月 7,532円
2021年5月 6,624円
2021年6月 5,419円
2021年7月 6,389円

この期間の平均値は7,732円となりました。

ちなみに先ほども言いましたが、僕は普段の電気消費が多めなので、料金もお高めとなっています。

計測期間の違いはありますが、ミツウロコの時に比べて月1,000円電気代がお得になっています。

「昼に電気をよく使う」「夜に電気をよく使う」のいずれかに当てはまる方は、シンエナジーが非常におすすめです。

【シン・エナジー】お申込みはこちら

 

一人暮らしの電気代を節約するコツ3つ

エアコンや室内乾燥機の利用を見直す

1つめはエアコンや室内乾燥機の利用を見直しです。

電気代は夏と冬に高くなりやすい傾向がありますが、その大きな理由はエアコンの使用が増えるためです。

また洗濯物を室内乾燥で乾かしている場合は、エアコン同様に電気代に響きます。

服装で温度調整をしたり、断熱カーテンに変えたりすることで、なるべくエアコンの使用頻度を落とすことを心掛けましょう。

ただしこまめなON・OFFは逆に電気代が上がることもあるため、最低限長期間の消し忘れ等には注意しましょう。

電気を20Aに切り替える

2つめは電力の切り替えです。

普段からあまり電気を使わない方は、思い切って30Aから20A契約に切り替えることで電気代を節約できます。

ただし普段良く電気を使う方は20Aにすると電力が足りず、頻繁にブレーカーが落ちてしまうこともあります。

そのため一人暮らしでも普段から電気を使う人は、20Aには切り替えず他の節約法を試すのがおすすめです。

電力会社を変える

3つめは電力会社を切り替えるです。

皆さんは自分が契約している電力会社を気にしたことはありますでしょうか?

例えば都内の場合、今まで電力会社を切り替えたことが無ければ東京電力になっているはずです。

このような人がうまく電力会社を切り替えると、月の電気代がぐっと下がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました