【エンジニア適正】バックエンドとフロントエンドの違いを体験談に基づいて解説

【適正】バックエンドエンジニアからフロントエンドエンジニアになって変わったこと。合う合わないはあります! Web制作・プログラミング
  • エンジニアを目指している。
  • フロントエンドかバックエンドかで迷っている。
  • 現在バックエンドだがフロントエンドにも興味がある。

フロントエンドエンジニアのオムそばです。

現在Webエンジニアをやっている方、もしくはこれからWebエンジニアになろうと考えている方で、フロントエンドエンジニアかバックエンドエンジニアかで迷っている方はいませんでしょうか?

オムそば
オムそば

実際どっちがいいの?どんな人が向いているの?

僕は新卒で入社して2年間バックエンドエンジニアを経験した後、フロントエンドエンジニアに転身しました。

この体験を踏まえて、バックエンドエンジニアとフロントエンドエンジニアの違い、適正、どちらが良いのか?など細かく解説します!

名前:オムそば

  • 都内一人暮らし
  • 社会人4年目
  • 趣味は釣り



バックエンドエンジニアとは?

バックエンドエンジニアとは?

バックエンドエンジニアとは主にサーバー側の処理に関する部分を構築するエンジニアのことです。

これだけでは少しわかりにくいので例を挙げてみましょう。

オムそば
オムそば

会員登録をしたい!

住所や名前を入力して…「登録する」をクリック!

スマートフォン
スマートフォン

登録が完了しました!

ユーザーは情報入力後ボタンを押して会員登録しただけです。しかしこの間に裏では色々な処理が行われています。

目には見えませんがデータの登録・削除・更新など…システムの裏側は非常に騒がしくなっているのです。

このようにユーザには見えない部分の機能を組み立てるのがバックエンドエンジニアの仕事です。

バックエンドエンジニアに必要なスキル

バックエンドエンジニアに必要なスキル

バックエンドエンジニアはシステムを構築するうえで欠かせない存在です。

システムの裏側の機能を作るためには様々なスキルが必要になります。

必要なスキル1:プログラミング言語

Java・PHP・Ruby・Python・Goなど

バックエンドエンジニアが使うプログラミング言語は、フロントエンドエンジニアに比べると非常に多種多様です。

しかし全て覚える必要はありません

自分が担うシステムが使用しているプログラミング言語について勉強しましょう。

昔から使われているシステムだとJavaやPHP、比較的新しいシステムや新規サービスだとRubyやGoが採用されることが多いようです。

必要なスキル2:データベースに関する知識

データベースっていったい何?

データベースとはデータを記録しておくための場所のことです。

データのやり取りを行うことが多いバックエンドエンジニアは、データベースに関する知識も必要です。

データベースを扱うために専用のSQLという言語を勉強すると、データの登録・編集・削除などの操作に関する知見が深まります。

バックエンドエンジニアが覚えておくと有利なスキル

バックエンドエンジニアが覚えておくと有利なスキル

有利なスキル1:インフラ周りの知識

サーバー構築などインフラ周りの知識があると、インフラエンジニアとしても活躍が期待されます。

特にAmazonが提供するサーバーのAWSに関する知見があると、大規模サービスを構築するうえで有利になります。

有利なスキル2:セキュリティに関する知識

バックエンドエンジニアは個人情報を扱うことが多いことから、セキュリティに関する知識が深いと重宝される人材になります。

近年ではクレジットカードの情報漏洩や会員情報の流出が問題になっているため、今後はセキュリティの強化がますます重要視されることになるかと思います。

バックエンドエンジニアに適性がある人はどんな人?

バックエンドエンジニアに適性がある人はどんな人?

バックエンドエンジニアに向いている人はこんな人です。

  • デザインよりもロジックが好き。
  • 注意力が高い。細かいミスに気付ける。
  • 物事を仕組み立てて考えることが出来る。

ずばり「物事を効率的・論理的に考えることに長けている人」であると感じます。

機能の概要を把握し、データの受け取り・確認・登録などの流れを論理的に考えることが出来る人はバックエンドエンジニア向きです。

サイトによっては金額など複雑な処理を行うこともあるので数字に強いと尚有利です。

オムそば
オムそば

「数学」とか「物理」が好きな人は向いているかもしれないね!僕は頭がごちゃごちゃするから嫌いだよ!

▼バックエンドエンジニアの仕事内容・必要なスキル・勉強法に関してはこちらの記事にまとめているので参考にしてみてください!

フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアとは?

対してフロントエンドエンジニアはユーザに見える部分を組み立てるエンジニアのことです。こちらも実際の例を見てみましょう。

オムそば
オムそば

ボタンをクリックするよ!

スマートフォン
スマートフォン

メニューを表示!

もう一回押すと閉じることもできるよ!

何気なく使っていると気づきにくいですが、ユーザが使いやすいようにアニメーションを入れたり、ポップアップを表示したりと、サイトに動きを付けてあげるのがフロントエンドエンジニアの主な役割です。

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

フロントエンドエンジニアに必要なスキル

フロントエンドエンジニアは複雑な動きをするサイトや、奇抜なサイトを作りたいとき非常に重宝されます。

必要なスキル:プログラミング言語

HTML、CSS、JavaScript

バックエンドエンジニアに比べると覚えるべきことは少ないようですが、フロントエンドエンジニアの場合は上記の3つのスキルが必須となります。

またJavaScriptのフレームワーク(Vue・React・AngularJS)に詳しいと活躍の幅が広がり、個人でWebサービスを作成できるようになります。

フロントエンドエンジニアが覚えておくと有利なスキル

フロントエンドエンジニアが覚えておくと有利なスキル

有利な知識スキル1:Webデザインの知識

フロントエンドエンジニアは最低限覚えるべきことは比較的少ないですが、スキルの掛け合わせで活躍の幅を広げやすい職業になります。

その一つがWebデザインです。

Webサイトのデザインの配色・レイアウト設計・デザインツールに詳しいと、企業のホームページなどを一人で作成できるようになります。

またWebデザイナーの意図をくみ取りやすくなるので、コミュニケーションも円滑になります。

有利な知識スキル2:バックエンドの知識

なぜ?結局両方必要なの?と思う方もいるかもしれません。

フロントエンドエンジニアが使用するJavaScriptという言語は、システムの裏側との通信にも使用されています(Ajax通信など)。
システムの裏側でどんな処理が行われて、どのような形でデータを受け取るのかまで考えることが出来るようになると、Webアプリケーションの構築など、より高度なシステムにも対応することが出来るようになります。

有利な知識スキル3:UX・UIの知識

UX・UIとはサイトの見やすさや使いやすさに関する知識です。

見た目の組み立て方、どのようなユーザに人気があるかなとサイトを解析したり、使いやすいデザインを組み立てることが出来るようになります。

どちらかというとWebデザインやマーケターに関連があるスキルですが、ここを抑えておくとデザイナーとしても活躍の幅が見込めるようになります。

フロントエンドエンジニアに適性がある人はどんな人?

フロントエンドエンジニアに適性がある人はどんな人?

フロントエンドエンジニアに適性がある人こんな人です。

  • デザイン周りの構築が好き。新しい技術などが好き。
  • 既にHTML・CSSなどの技術に興味がある。
  • データベースや数字を追う仕事に若干苦手意識がある。

ずばり「デザイン・モノづくりに興味がある人」です。

バックエンドエンジニアと違い、色の変化や動きの変化を目で確認することが出来るので、比較的完成が分かりやすく、それによる達成感も得やすかと思います。

またフロントエンドの世界は変化が激しく、常に新しい知識に関する情報が飛び交っています

知識が廃れると需要が減り、活躍の場が狭まる可能性があるというデメリットはありますが、逆にそのような情報を素早くキャッチして試してみることが好きなひとは、趣味としても仕事としても楽しむことが出来ます。

未経験者がプログラミング・Web制作の勉強を始める場合は、フロントエンドエンジニアに関する知識から勉強すると分かりやすいです。

オムそば
オムそば

「図工」とか「美術」とかが好きだった人はハマるかも。

僕は結局こっちだった!

結局フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアはどっちがいいの?

結局どっちがいいのか問題ですが、僕はフロントエンドエンジニアをおすすめします。

もう少し細かく言うと、フロントエンドエンジニアの勉強を始めて興味が湧いたらバックエンドの勉強をするのが良いです。

理由はフロントエンドエンジニアのスキルの方が比較的理解しやすいためです。主なスキルはHTML・CSS・JavaScriptですが、このあたりを理解するとWebページの仕組みをある程度把握できるようになります。

バックエンドはWebページの裏側を作るので、まずはフロントエンドで大枠を理解するのが良いという考え方です。

これから勉強を始めたいという方は、まずフロントエンドについて学び、慣れてきたらバックエンドにも触れていくのが一番良いでしょう。

個人的にはフロントエンドエンジニアに転身して良かった!

結論:フロントエンドエンジニアに転身して良かった!

両エンジニア職についていろいろと語りましたが、結論フロントエンドエンジニアに転身して良かったと思っています。

目に見える部分を構築するのと作った実感が沸きやすいです!ぱっと見でダイレクトにユーザーの評価を受ける部分なので、やりがいを感じます。

またフロントエンドエンジニアとして働きながらバックエンドにも関わるとこで、今まで見えなかった発見が色々ありました。

フロントエンドエンジニアからバックエンドエンジニアに転身したい人向けQ&A

Q.バックエンドエンジニアの知識は無駄になったの?

A.まったく無駄になってないしむしろプラスです。現場にもよりますが、僕の場合はバックエンドの知識があるコーダー、フロントエンドエンジニアは重宝されるなと感じました。

Q.フロントエンド・バックエンド間の連携でメリットはある?

A.バックエンドエンジニアが理解しやすい提案が出来るようになります。バックエンドを一度経験していれば、なんとなく出来そうなこと・難しそうなことが見えるので、自ずと分かりやすい提案に繋がっていると思います。

フロントエンドエンジニアからキャリアアップできる?

今後のキャリアはどうするの?

フロントエンドエンジニアからどのような職につなげつことが出来るの?と気になる方もいるかと思います。

フロントエンドエンジニアとしてのキャリアパスは大まかに以下の通りです。

  1. フロントエンドとバックエンドの知識を併せ持つ、「システム特化型
  2. フロントエンドの知識を追い続ける「フロントエンド特化型
  3. フロントエンドとデザイナーの知識を併せ持つ「見た目特化型
  4. これまでの知識を元に仕事全体の管理をする「管理職(マネージャー)

「フロントエンドエンジニアの知識を活かす」という前提で4パターン上げましたが、比較的様々な業種に応用できる知識だと思っています。

個人的には3に憧れますが、デザインが好きか、技術が好きか、はたまたお客様と関わるのが好きかで大きく変わるので、あくまで参考程度に覚えておくと良いでしょう。

エンジニアになるための勉強法

エンジニアになりたい場合には主に下記の3つの勉強法が候補に挙がります。

  • 学習サイト
  • 書籍や動画教材
  • プログラミングスクール

学習サイト

個人的に一番おすすめなのが学習サイトを使った勉強です。

学習サイトを使うことで簡単に・コスパよく・楽しく学ぶことができるので、まだ自分がプログラミングに適性があるかわからないという方は学習サイトから試してみてください。

おすすめのサイトはProgateドットインストールです。

筆者も昔は良くお世話になっていたサイトです。まずプログラミングの楽しさに触れたいのであればProgateから始めることをおススメします。

書籍や動画教材

Progateなどの学習サイトは基礎を満遍なく学ぶこととができますが、あくまで覚えやすさ重視なので深い知識・実践的な内容を学ぶのが難しいことがあります。

そのためある程度基礎が固まったら、書籍や動画教材を使って内容を深堀りしましょう。

プログラムは書けるけど作りたいものがない!という方はUdemyを使うのがおすすめです。Udemyは買い切りの動画教材で手を動かしながらプログラミングを学ぶことができます。

セール時を狙うと安く購入できるので、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

フロントエンドエンジニアにおすすめのUdemy講座も紹介しているので参考までにどうぞ!

プログラミングスクール

プログラミングスクールは独学での勉強だと挫折しそうな人、もしくは一度挫折した人におすすめです。

プログラミングで挫折する原因の多くは、「分からない→進まない→モチベーションの低下」です。

この問題は誰しもが陥る可能性がありますが、何を作りたいか?どんな会社に就職したいか?という目標を定めたうえで、困ったときに聴く人がいれば比較的挫折しにくくなるでしょう。この環境があるのがプログラミングスクールです。

とはいえプログラミングスクールはそれなりにお金がかかるのも事実です。

そのため無料体験レッスンや無料の個別相談を設けているスクールで、プログラミングスクールの雰囲気を掴んでから自分に合っているか検討するのが一番良いです。

個人的におすすめのスクールは侍エンジニア塾です。オンラインでも無料体験レッスンを行っており、受講生に対してのヒアリング・個人のスタイルに合ったオーダーメイドカリキュラムを作成しています。

気になった方は無料体験レッスンに申し込んでみてください。

フロントエンドエンジニアへの転職を考えている方におすすめ求人サイト

もしフロントエンドエンジニアへの転身・転職を考えているのであれば、実際に転職サイトを見てどのようなスキルが需要があるのか調査してみると良いです。

IT業界に強い求人サイトをご紹介しますので、気になった方は覗いてみてください!

マイナビ転職

マイナビ転職は業界大手の転職サイトで、ITはもちろんその他多くの職種に関しての求人が掲載されています。

マイナビ転職はこんな方におすすめです!

  • 20代~30代の方
  • 転職ノウハウコラムなどをチェックしたい方
  • 転職診断から適職を探したい方

マイナビ転職の強みは若手向けの求人が多数掲載されている・IT向けの専門サイトがあるという点です。

登録は無料で合わなければ退会も可能なので、求人情報を探したい方はとりあえず登録しておくべきサイトです。

マイナビ転職

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、転職活動をサポートしてくれるエージェントを介して転職活動を行うためのサイトです。

マイナビ転職は自分のペースで求人情報を眺めることができる分転職活動がグダグダになりがちですが、エージェントを介することでスケジュール感などを相談しながら進めることができるので効率的な転職活動が出来ます。

マイナビエージェントはこんな方におすすめです!

  • 転職活動のスケジュール管理をエージェントに任せたい・相談したい
  • 効率的に転職したい
  • 履歴書の添削など、転職活動のサポートをしてもらいたい

またエージェントを介することで自分では探すことができなかった求人を紹介してもらうこともできます。

本腰を入れて転職活動をしたい方、転職活動を効率的に進めたい方はエージェントの利用がおすすめです。

マイナビエージェント

    オムそば
    オムそば

    お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらからご連絡をよろしくお願いいたします。





    コメント

    タイトルとURLをコピーしました